納骨堂の役割とは

納骨堂の役割とは

葬儀の仕方が、今は人それぞれになり自由な選択ができるようになりました。
それに、伴うように葬儀後の納骨の問題も大きく変化しています。
昔ながらの、先祖代々のお墓に入る人もいますが故郷を離れ都会で仕事をして老後もそのまま暮らす人が増えた現代はお墓も不足しています。
都会では、そのお墓も抽選で販売がされるところもあります。
また、ひとり暮らしの高齢者が激増する中でお墓問題は大きく揺れています。
そうした流れの中で、今は納骨堂に納めてもらう形式も人気がでてきました。
自分の遺骨を、納骨堂に納めることで合同の供養をしてもらうことも可能になっています。
納骨堂の役割は、ただ単にお墓不足だけではなく自分の死後も安心して眠りたいという希望があります。
身寄りがなく、死後は誰もお墓に来てくれることがないと思う場合にも納骨堂なら大丈夫です。
お彼岸やお盆なども節目には、キチンと供養がされます。
お墓とは違い、管理もしやすく初めにお金を支払うと後は費用がかからないという場合が多くあります。
これなら、身寄りがなくてもまた、残された家族にも負担をかけることがありません。
最近は、高齢化社会になり生前に死後の住処を決めておく人が多くいます。

納骨堂お参りする時の服装

納骨堂は子供がいない方や娘が嫁ぎお墓を守る人がいない時にお寺の住職が供養してくれる永代供養墓です。
通常のお墓のように維持管理費を支払うと永代使用する事ができるの人気が高くなっています。
納骨堂はそれぞれ維持費や納骨の方法に違いがあります。
室内にあるお墓ですが通常の参拝方法と同様にします。
服装は自由なので普段着で参拝することができます。
参拝をする時のお供えやお花は納骨堂により決まりがあり異なりますから指示に従います。
参拝をする時には予約をする必要もなく服装も自由なのでいつでも気軽にお墓参りをする事ができます。
ゆっくりお参りをしたい時には連休を避け平日を選んだ方がよいでしょう。
連休や休日は納骨式や法事がある事も予想されます。
お盆やお彼岸などもお参りの人が多くなるので混み合いますからこの時期を避けてお参りするようにします。
最近は宗派を問わない納骨堂もあります。
納骨先のお寺と宗派が異なることもあり様々な宗派の人が利用していることもあります。
お経をあげる場合は周囲への配慮も忘れずに読経をする必要があります。
決められている規則をよく理解してお参りのマナーを守り周囲への配慮も考慮して利用する事が大切です。

納骨堂に関する情報サイト

1から分かる納骨堂の基礎知識から選び方までのご紹介

納骨堂

コンテンツ
トップ
新着情報

◎2017/4/25

お参り方法とポイント
の情報を更新しました。

◎2017/1/26

何処にでも建てられるのか?
の情報を更新しました。

「墓 服装」
に関連するツイート
Twitter

リーダー以外も使えたら楽しいなぁ。2Pカラーは基本的にみんな服装が変わる。雨宮は参りスーツで、タケシは眼帯着けるし、轟は私立の制服になるし、右京はエハラマサヒロになるけど誰も気付かない

「お参りにいくときの服装は?」の回答・・・袴(まで行くから)

Twitter dokunuciz 牧村徹 - 11:02

リツイート 返信

参りにいく時の服装ってどんな服装

Twitter misapo66 misapo - 7:01

リツイート 返信

の近くでおばあさんを見て その話をしたら翼と全く同じで の前通ったらやばい視線を2人で感じた 服装も一致しててガチやばい…

参りにいく時の服装ってどんな服装?わかったらRT

Twitter nazonazobot77 なぞなぞbot相互フォロー - 昨日 18:25

リツイート 返信

参りにいく時の服装ってどんな服装

Twitter _botnoufunya 脳がふやけるクイズ_bot - 昨日 18:04

リツイート 返信

@12hater28 ホントやめて😂ww 今日の服装はリアルにお入りレベルだからww

参りにいく時の服装ってどんな服装

Twitter nazonazo_quiz 不思議ななぞかけクイズbot - 昨日 11:08

リツイート 返信

参りにいく時の服装ってどんな服装

参りにいく時の服装ってどんな服装